「お疲れ〜っす!」


まだまだ雨の多い時期。ビルの合間にわずかに見える空に低く懸かる雨雲から,まばらな雨が落ちてくる。
6月の都会の午後5時半。ナチュラル気味な茶髪の青年は,入社以来ほんとに久しぶりに定時に会社を後にした。


「おう,お疲れ!」


「お疲れさまっした〜!」


青年は,声を掛ける先輩社員の横を滑り抜けつつ挨拶を返す。
巨大なビルの合間から地下鉄の駅までのそれなりな距離を,人混みを縫うように駆け抜け駅を目指す。


「珍しいな。あいつが定時に上がるのなんて久々に見たぜ?」


「いいんじゃないの?元々ルート営業なのに別んとこもやらされてんだからタマにゃストレスぐらい抜かせてやれよ」


「…オンナか?」


「かもな。一応居るんだろ?彼女」


「見たことはないけどな?」


先輩達は,そうして顔を見合わせると,コトの顛末を次の飲み会で白状させることを約しつつ,それぞれの持ち場へ戻っていった。


今ひとつ冷房の効かない地下鉄の湿気と熱気は,青年の癖のある髪を容赦なく痛めつけ,体中の水分をようやく馴染んできたスーツに絞り出す。

はっきり言って鬱陶しい。もう5年目の慣れてきた都会も梅雨空の下では話が別だ。


それでも今日は行かなくちゃ。


囲まれる湿気と汗と整髪料,シャンプー香水エトセトラをものともせず,青年−北川潤は目的の場所の至近の駅名を睨め付ける。










Pied Piper










地上は大雨だった。たたきつけるような大雨は,家路を急ぐおばさんも営業途中のサラリーマンも学校の終わった女子中学生も,等しくその足を駅下に釘付けにしている。
ご丁寧に響く遠雷は,駆け出すココロを怯ませてくれる。


「・・・まいったなあ」


北川はひとりごちる。
先輩の予想は大当たり,今日は自宅から3つ遠い駅の近くに暮らす,一つ年上の彼女の24回目の誕生日。

一年遅れて就職した自分の給料で贈る,最初のバースデープレゼントを買いに行く途中での思わぬ足止めに,正直憂鬱な北川だった。


「コッチから先にすっか」


北川は止む気配のない雨に見切りをつけて,駅ビルの端っこの通用口から隣のタワーCDショップへと向かう。

高校時代を過ごした北の街。これまで生きてきた人生の中で,数少ない親友と言える存在の青年と盛り上がったバンドの新譜の発売日が今日だったのだ。


「えーと,T・・・T・・・。と,」


北川は,CDのラックを指でなぞる。マイナー故に平積みされない,目的のイニシャルをインデックスの中に探しながら。


・・・・どん。


「きゃっ」


「あ,ごめん!」


集中していた北川は,同じラックの横で捜し物をしていた女性にぶつかった。
女性は,弾みで持っていたトートを取り落としてしまう。
北川は謝罪するとトートを拾い,女性に渡す。
女性はすまなそうにそれを受け取ると,丁寧にお辞儀をする。


「こちらこそ,すみません。さがしもの,しちゃってて,」


落ち着いた淡いパステルのスーツにブラウス,ウエーブの髪を後ろでまとめ,ふちのない眼鏡の美しく,愛らしい瞳の女性。


「・・・・・・・!!」


女性はお礼を述べると,不思議そうに自分を見ている北川の顔をまじまじと見つめる。


・・・忘れられるはずもない。覚えている。はっきりと覚えているのだ。


「・・・み・・・・さか?」


思わず,声に出てしまう。それは,記憶ではなく,存在の確認。


「き・・・・たがわくん?」


あのころと変わらない,驚く仕草。


梅雨空の下のCDショップは,予期しない再会の場所になった。










「・・・でも,びっくりしたわよ。コッチで就職したとは聞いてたけど,まさかこんなトコで遇うなんて」


美坂,美坂香里と北川は同じCDショップの屋上のカフェレストで向かい合って座っている。
香里はミルクティ,北川はエスプレッソを注文し,偶然を肴に会話を楽しんでいた。


「ほんと,そうだよな」


北川は,香里の立ち居振る舞いや雰囲気に落ち着きを感じつつも,相変わらず変わらない口調と豊かなその表情に,懐かしい昔を重ねながら応える。

左手の指に光る指輪と,耳を飾る控えめなイヤリング。それにナチュラルなリップとマニキュアが自分の知らない香里の時間。


「相沢のヤツ,どうしてる?」


今度は北川が尋ねた。目の前にいる女性と進路を同じくし,そしておそらくは生涯を共にするであろう北の街の親友。

ちょっと前,連絡が付いた時にはヤツも新人研修の真っ最中で,ろくな話も出来なかった。


「・・・相っ変わらずだわ。あのバカ」


「・・・うまく,行ってるのか?・・・その・・・相沢とは?」


一瞬ヨコシマな期待を抱きながら,それでも一応確かめておきたい北川。


「行かせてるわよ。・・・全く」


口調こそココにいない親友にイヤミたっぷりだが,素直じゃない彼女のノロケを感じさせるその声色。

困ったようにため息をつきながらも,手のかかる愛し子を見守る母親のような,嬉しそうな表情の香里。

なんとなく安心したようなガッカリしたような,複雑な思いで香里を見つめる北川。


「・・・コッチに告白させたんだから,プロポーズくらいはアッチにしてもらわなきゃ」


視線を窓の外の雨雲に向けながら,呟く香里。限りなく独り言に近いその声は,それでもはっきりと北川の耳に届く。


「・・・・・・・・・」


いつもツルんでいたあの頃から,確実に流れていった季節。

見つからない言葉に会話の糸口を探す。


「・・・北川君は,カノジョできたの?」


突然,尋ねられる。

興味津々,好奇心いっぱいの香里の視線。

北川は一瞬考え込んだが,口を開くことなく首を縦に振った。


「そう・・・・。どんな人?」


「大学ん時の先輩。おなじサークルのね」


穏やかに,探るような視線からココロをそらすように。

そのままを,答える。


「物静かで,やさしい人だよ?誰かさんと違ってな」


極力軽く,冗談めかせて。


「あ,ひどーい!」


拗ねたように上目遣いで北川を軽く睨む香里。その仕草も口調も,あの頃と全く変わらずに。


「まあまあ,美人なのは美坂と一緒だぞ?かわいいんだからな?」


「あは。アリガト♪」


・・・表情を暗くさせるようなことは,やっぱり出来そうにない。

もう何年も前,ココに旅立つ自分を空港に見送りに来てくれたあのとき,親友と一緒に見せたあの笑顔と全く同じ,はにかんだように,明るく笑う香里の顔を。










「あ,そろそろ行かないと,飛行機に間に合わなくなっちゃう」

とりとめのない時間は夢のように過ぎた。

香里がトートの中の懐中時計ををちらちら気にしだしたのが2杯目のエスプレッソをオーダーして,しばらく経った頃。

香里は申し訳なさそうな表情で北川にそう言うと,伝票を持って席を立とうとする。

北川は黙ってそれを制し,そのまま香里をエスコートするようにレジへと向かい,会計を済ませる。


「相沢によろしく言っといてくれよな」


・・・お礼を言う香里に笑顔で答えながら,北川が言う。

空の色の明るさはネオンのもの。

香里があの街にたどり着くのは日付の変わる直前だろうか。


「うん,祐一,今日迎えに来てるはずだから,そう言っとくわね?」


香里は,トートの中のCDと,航空券を確認すると,一瞬考え込んだように立ち止まった後,北川の方を振り向く。


「あ,それと,あんまり無闇に女の子待たせちゃダメよ?これは,昔からの友達としてのチ・ュ・ウ・コ・ク♪」


えへっ,と眩しそうに微笑みながら,おどけた口調で北川を指さす仕草の香里。

オシアワセニ,の心からの香里の表情が,北川をほんの少し寂しくさせる。





あのときからわかっていたことだった。香里の心の何処にも,自分の場所なんか無かったってコトは。





「それじゃ,またね!」


ばいばい,と手を振りながら,変わらない,軽快な,力強い足取りで駅の方へ向かって歩き出す香里。


「あ・・・・それと。美坂・・・・!」


何か考えていた訳じゃない。何が彼女を呼び止めさせたのか,自分でもよく解らない。


「?」


なあに?と言った表情で振り向く香里は,相変わらず眩しい笑顔のままで。


「………」


「…?」


「・・・何でもない・・・・元気で!」


短いため息は,別に気付かれても構わない。
ミゾオチを蹴り上げられるような感情を,演じる自分で強引にねじ伏せて,香里に明るく元気に手を振る北川。


香里はもう一度だけこちらを振り向いて大きく手を振ると,空港への電車へと向かって,改札口へと駆けだしていった。

北川は,香里の後ろ姿が,人混みに見えなくなるまでその場所に佇んでいた。










「・・・さ,友達の忠告には従っておきますかね」


時計を確認してみる。

約束の時間までに辿り着くのは,確実に無理な15分前。

…それでもおそらく彼女は,困ったように微笑んで許してくれる。

いつだって,そうだった。

「…ごめん」

共に過ごすバースデーは,今年で4回目。多分,きっと,ちょっと照れたように部屋に迎え入れてくれるだろう彼女の笑顔に,呟く謝罪の言葉。





「…バカだな,俺は」

昔から,自分では小器用なつもりだった。
−はずなのに。










『実は俺,香里と付き合うことになった』

あの日,あのとき。
ガッコの屋上で見上げる夕暮れに,黒く,小さなカラスの群れが,薄く掃いたような雲をバックにひたすらのんきに飛び去っていた。

『…ほほう,ソレはまたキッツい選択を』

タバコをもみ消し,動揺を隠す。
巧くできたかどうかは,よく覚えてない。

『…』

『…』

『…』

『…何にしても,おめでとう。友達だって言う贔屓目抜いても,ありゃイイ女だと思うよ。』

暫しの沈黙の後の,無理矢理にやりと片頬だけで笑い,前半と裏腹な後半の本音。
言葉を探す相沢の背中は,緊張の後の微かな弛緩を一瞬見せた。
相沢は,コッチの方を振り向かずにもう一度たばこに火を点けた。

『先のことはどーなるかわかんないけど,多分楽しくやっていけると思う。』

『…そうしてくれ』










「…ないと俺,お前を許せねえ…」

忘れ物を取りに戻った誰もいない教室で,抱き合ってた二人のフラッシュバック。
それは,相沢の告白の3日前の出来事。
相沢と別れた帰り道,寂しさと祝福と悔しさに滲んだ涙。

「…ああ」

昨日のことのように思い出せる俺は,全然成長しちゃいねえ。『心のままに』なんか,まだまだとても生きられそうにない。





−今ので,ケリをつけたつもりかい?結局なにも変わっちゃいないだろ?

−だから,どーなの?どーなるの?どーにもなりゃしないさ。





何も選べなかった。
答えも求めなかった。
そして,そのツミカサネの上にいる俺。
全てを過去に閉じこめて。
甘酸っぱい恋の終わりと言い聞かせて。
壊せない今を抱きしめて。
そして改札の向こうのアイツとのあり得ない未来に,今…。




目を,閉じる。
静かに,握った拳に力を込める。

−それでイイや,それも俺だ。

今は無理矢理だって構わない。
結局ずっとアオいまんまの,こんな自分にも,いつからかそっと寄り添ってくれている。水のような,空気のような,−もう,日常の一部な,年上のあの人の笑顔を。

「…遅れちゃった分,サービスしなきゃな」

扉の向こうの,ちょっと拗ねたような彼女の。
−それでもその,笑顔のために。

そう,そして,いつかは俺も。

−心から笑えるその日が来ればいい。

そして,北川は小降りになった雨の中に駆け出していった。





おしまい。





Back