Bang the Gong





「おい,あまりくっつくんじゃない!暑苦しい!!」

「好きでひっついてるんじゃねえよ。狭いんだから仕方ねえだろ!」

 校舎一階の実験室横にぽっかりと開口した連絡通路の中。
 既設の光源らしきものの一切何も無い,暗闇の中。
 そこは,青年期に差し掛かりかけた少年達の大柄な体躯を二体並べて通るには少々どころでは無い狭さであるり,閉鎖空間の作り出す季節柄な湿気と澱んだ空気は高めの不快指数でご機嫌をずんずん沈下させてくれる。

「大体なんで貴様なんぞと組んで歩かにゃならんのだ鬱陶しい」

「うるせえよ,俺だってどーせなら女と一緒が良かったに決まってるじゃんか。恨むんならテメエの呪われたくじ運を恨むんだな」

 一見犬猿の仲にしか見えないが,実はけんかするほど何とやらが実情だったりするところのバカ二人−宮沢謙吾と井ノ原真人の二人が「棗恭介退院記念チキチキ肝試しチャンピオンシップインラストサマー(原文ママ)」でペアを組まされるハメになったのがつい10分ほど前のことであった。

『ふふん,人体標本程度なら俺様の小指一本で何とかなるぜ!』

『…この程度の軟球など一ダース飛んできても捌けるぞ』

『……』

『……』

『……』←気づいてもらえず寂しげな窓際の幽霊のほろぐらむ

 そんな二人は,待ち受ける各種トラップを持ち前のパワーとか部活で培った技術とかその無神経さとかを駆使しつつ,チェックポイントを現在絶賛通過中だったりしていた。

「なあ,真人」

「なんだ?」

「ココの奥のチェックポイントで最後のはずなんだが,何となく腑に落ちないな。楽すぎるぞ?」

「まあ,入院長かったしな。おおかたまだ勘が戻ってないんだろ」

「あれだけの大怪我にしては,異常に回復早いと言えないこともないがな。……ふむ,思いつきで決めたんなら致し方ないか」

「……ただまあ,知ってるか謙吾。ここの通路の噂?」

「……ここに,なんか変なバケモンが出るとかそんな話か?」

「ここんとこよく聞くけどな。能美とかから聞いた話では,主に女子の間とかで」

「むう」





 …いつもであれば,適度なフリのあとに何かしらなどっきりを仕掛けて来るであろう恭介にしては物足りないなあ,などと感想を述べながら道半ばにさしかかった頃。

「どわっ!」

「な!ちょっ!なっ!なんだこりゃ!!」

 突然,得体の知れない紐のようなものが多数,二人の手足にからみついてくる。

「ぬおっ!なっ!!」

「…こ,これは…蛇っ?!」

「げげっ!なんだこいつ!入ってくるっ!」

 ぬらぬらとした冷たく粘液質の表面を持ったその紐状の生き物?は,それ自体を多数の触手のように二人の体にまとわりつかせると,ヒルの頭部のようなその先端部分を衣服の開口部の中に潜り込ませようとする。

「ぬおおおおおおおおおおっ!!なんだなんだ!このエロマンガとかに出てくるような変な生き物はっ!!」

「ええいくそっ!放せこのっ!」

 並の人間であれば,とうにその生き物に絡め取られてやりたい放題にされていてもおかしくないところであろう。が,そこはそれ,目的は違うにせよ各種鍛錬を怠らない,しかも元々身体能力の抜きんでた二人である。なかなかの抵抗どころかを結構な善戦を見せている

「げげげげげっ!こなくそっ!何でこんなに気持ちわりいんだ!くっそ,ヌメって掴みづれえ!」

「ぐぬぬぬぬっ!」

 が,如何せん勝手のわからない化け物相手である。
 徐々にではあるが疲労も手伝って防戦するのが手一杯,といった感じになっていく。

「YES!YES!YEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEES!」

 そんな中,暗闇の向こうから突然響く歓声。

「?!」

「!?」

 声の主の方向に体の自由の利く範囲で首をねじ曲げて目を凝らす真人と謙吾。

「いよっし!さあ!どのべいびーかな?我がサムソンの愛のトラップにかかったのは?!神北さんかな?棗さんかな?三枝さんかな?まさかまさかの来ヶ谷さんかな?それとも能美さんかな?!大丈夫!その触手はちょーっとえっちなことをするだけだから!抵抗さえしなければ,細胞液を噴出したら動きは止まるからね。元々植物だから中に出されても妊娠とかしないし!おーっと,でもちゃんとビデオには撮らせてもらうよ?その触手に慣れたらボクのホンモノで存分に…ってどわあっ?!」

 一気呵成にまくし立てた後,その視線の先の触手に絡め取られた二人の姿を見ながらビデオカメラを構えたまま愕然としているのは,制服の上に白衣をまとった見覚えのあるメガネを掛けた寮生の姿だった。

「…お前,生物部の道下?」

 その膂力で触手と格闘している真人の誰何の声に応えもせずに,わなわなと震えたままのそのメガネ。

「なななななななななんだって宮沢と井ノ原が?!情報と違うじゃないか!女の子だけじゃなかったのか今日の肝試しは?!」

「………………」

「………………」

「あ」

「……なるほど」

「……そういうことか」

「ああっ!」

「………………ぬぅん!!」

「………………ぬうりゃ!!」

「げっ!う,うそっ!」

 怒りは力に直結するタイプの,そんな二人が憤怒の形相で気合い一発触手の束をふりほどく姿に腰を抜かしてへたりこむ道下。
 取り落としたビデオカメラの照明を光源にした,殺気のオーラに揺らめく真人と謙吾の影が彼の足下にかかるのに,それから30秒はかからなかった。
 










「のわ!ま,待てサムソン!俺が誰だか解らないのかっ?!ああっ!やめろっ!そこはっ!そこはああああああああああああああああっ!!」

「うるせえ,そーやって自分が何をしたか体で覚えてちったあ反省しろや!」

「うげっ!のっ!んおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!がぼっ!ぐえっ!ふ,太いっ!あ,ああっ!い,痛いっ!裂けちゃう!ぬおおおおおおおおぼごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」

「……なあ,これも恭介の計画だったのかな?」

「さあな?まあ,一つだけ確かなことは,これで地下通路で酷い目に遭う女の子はいなくなるってことだ」

「ふふん。違いないな」

「……ああ……っ,い,イッているのがわかる……っ!!」










おわり





某所でやってる罰ゲームで書かされ…もとい書きました。

お題は

「謙吾と」
「真人が」
「触手に襲われる」

でしたよろしくどうぞー
























お囃子・感想などいただけましたら。

おなまえ(省略可)



お囃子!(→盛大)

ぱち ぱちぱち ぱちぱちぱち

よろしければ何か一言!(省略可)





Back