――2月14日。バレンタインと呼ばれ、女子が男子にチョコをあげる、もしくは配るといった一年に一回のイベントである。――またの名を男子争奪戦、もしくはもてない男子が嫉妬するデーとも言う。

 今日に告白を控え手作りチョコを作った女子、日ごろお世話になってるからと義理チョコを用意する女子、別にそんなイベントに興味がない無関心な女子など色々な女の子の様子が伺える。
 今回はそんな様子を見て行きたいと思う。





「素直になれないからってこういうことするのもどうかと思うんだ」





「コソコソ……まだ来てない?」
「まだ、目標は現れてないわ。そっちの準備は?」
「ばっちしデスヨ。あとは来てくれればOK牧場」
「そう、あっ、来たわ。準備よろしく!」
「アイアイサー!」
 シュッと目標の目の前にあるブツをすっと滑らせる。
「ん? なんか落ちてるぞ」
 目標はブツを手に取り、くるくると回しながら全体を見て行く。それは四角の形をしており、振るとカタカタと音がする。
 その様子を見ていた二人は、
「第一段階は完了だね」
「そうね」
「じゃあ、第二段階に移りますカっ」
「了解よ」
 手に取ってもらうことが第一段階らしい。
「ま、誰かの落とし物だろう」
 目標はそれを元の位置に戻そうとする。
「ちょっと、待ったぁーーー!!」
 戻そうとする目標を後ろからタックルで攻撃する。
「うおっ!? と、なんだ三枝か。どうした? そんな急いだ様子で」
「それ、それをどうしようとしたんデスカ?」
 手に持っているやつを指さす。
「これか? 誰のか分からないからな、とりあえず元の位置に戻そうとだな」
「それ、恭介くんの分のチョコですよ」
「そこに落ちてたぞ?」
「それはわざと転がしておいたのですよ」
 三枝は恭介に耳打ちをする。
「それ、お姉ちゃんが恭介くんにって心こめて作ってましたけど」
「マジか!」
「マジもマジ大マジですよ」
「そっか。佳奈多がなぁ……。なんで直接渡さないんだろうな」
「恥ずかしいからじゃないデスカネ?」
「そんなもんなのかね」
「そんなもんですよ」
「まあ、いいや。それじゃ俺は用事あるから、んじゃあな! こいつはありがたく頂戴したぜ」
「はいはーい、分かりましたー」


「……ふぅ、疲れた」
 髪留めを外して、一息つく。
「おっ、終わった? お姉ちゃん」
「ええ、終わったわ」
「まったく、あんな小細工しなくてもいいじゃないデスカ」
「恥ずかしいのよ。面と向かってあげるのは」
「だからって、私のマネしなくてもいいじゃん〜」
「今度埋め合わせするって言ったでしょ? 葉留佳」
「それはそうだけどさ〜」
「もう、ぶー垂れないの。ほら、葉留佳にもあげるから」
「わーい、だからお姉ちゃん好きなんだよー」
「ふふっ、仕方ない妹を持ったものね」

 佳奈多が葉留佳に変装し、恭介にチョコを渡したのだった。渡すのが恥ずかしいと言った佳奈多に葉留佳はなら、自分に変装して、渡せばいいんじゃない? と提案してからこれは始まった。
「でも、お姉ちゃんと恭介くんが付き合ってるって聞いた時はびっくりしましたけどネ」
「別に私も好きな人くらい出来るわよ」
「ノロケばっか聞かされる私の身にもなってほしいデスヨ」
「あら? 葉留佳だって、直枝とのノロケを私に言ってるじゃない」
「だって、理樹くんとの出来事を誰かに話したいじゃん」
「それなら、私だって、恭介との出来ごとを誰かに話したいわよ」
 あーだこーだと話している二人。

 すると、話題はあっちのほうへと流れて行く。
「言っておくけど、恭介のアレはでかいわよ?」
 ぴくりと葉留佳が反応をする。
「理樹くんのほうがでかいに決まってるよ!」
「いーや、恭介のほうがでかいわよ!」
 二人とも一歩も譲らない。その後も言いあうも平行線をただなぞるだけで話は進まない。
「なら、今度見せ合うしかないようね」
「そうだね。白黒はっきりつけようか! お姉ちゃん!」
「早いほうがいいわね。明日くらいにでも見せ合う?」
「望むところデスヨ! 理樹くんの巨大バナーナを見て吠え面かかせてあげますヨ」
「あら、恭介の長くて、しなりのいい竿に勝てるかしらね」
 ギリギリで危ない会話をしている二人。

 どうやら決着は明日つくようである。



















お囃子・感想などいただけましたら。

おなまえ(省略可)



お囃子!(→盛大)

ぱち ぱちぱち ぱちぱちぱち

よろしければ何か一言!(省略可)





Back