『俺と俺たちのバレンタインデー』





「今日はバレンタインデーですよー」

 リトルバスターズの和み部隊隊長の小毬がそう発言した。ちなみにリトルバスターズの和み部隊の隊員は彼女一人だが。
 その刹那、彼女いない歴=年齢の俺たちは固まった。
 いや、まあ俺はチョコレートくらい貰ったことはあるし、理樹もそれなりに貰えていることは把握している。だが今年のバレンタインは……違う。リトルバスターズが拡大して初めてのバレンタインデーだからだ。
 特に、銀髪のパイナップルヘアーの胴着姿の大男と、短すぎる学ランとハチマキ姿の大男の二人は、明らかに動揺して見えた。……うん、まあ二人の外見を説明していて、こいつらにバレンタインなんて無理じゃないか?って思ってしまった。……すまん。真人、謙吾。

「あれぇ? みなさんどうしたんですかー? 私なにかおかしいことでも言ったかなあ?」
「いや、いやあ、違うんだ。別に動揺なんてしてないんだ。なあ! 真人、謙吾」
「「!!!」」

 そう振っておいて俺は後悔していた、あいつらの動揺が加速していくのを見ていて……。火に油を注いだようなものだからだ。
 事実、二人は俺のフリには何も反応出来ていない。

「ふえっ、そうなんですか。よかったあ」

 自己完結してくれる小毬。正直助かった。小毬が深く詮索してこない性格で。ああ、お前は良い子だなあ、と思わず頭を撫でたくなったが、あまりに馴れ馴れしいので自重した。何者だ、俺は。

「今日はバレンタインデーなので、いっぱいお菓子を持ってきました」
「おおっ」
「あんまりたくさんだったのであたしが手伝った」

 と、後ろからひょいっ、と顔を出すわが妹。さっきからいたのか……。俺たちの動揺が見られていなかったのかが心配だ。何せもう俺の「良い兄」ポイントは底を尽きかけてるからだ。

「心配せんでも、とっくに底を尽いとるわーーーっ!」

 激しいツッコミとともに飛んでくるしなやかで細い脚。俺はそれを避け切れずに直撃を食らった。

「おふぅ……」
「鈴ちゃんダメだよー。そんなに恭介さん蹴ったら……。真人君みたいに頑丈じゃないんだから」
「大丈夫だ。こいつはこんなのでダメージを食らうようなタマじゃあない」

 小毬のフォローは助かったが、何気にひどいことを言ってるような……。
 それに、愛する妹に蹴られ続けててダメージの無い兄なんて、この世に存在するのだろうか? いるとしたら、俺なんかとは比べものにならないほどのマゾヒスティックなド変態だろう。そんな兄の気持ちになってみたいと一瞬でも思ったが、そうなってしまえばもう人間として終わりな気がしたので自重することにした。
 しかし、心の中のつぶやきにまでツッコミのハイキックを入れるとは、お兄ちゃん泣きそうだ……。

「では謙吾くん、真人くん。どぞー」

 いくつかの机を引っ付けて作ったスペースに、袋いっぱいのお菓子を二人が出した。
 チョコレートがメインなようだが、アメやらスナック菓子やらドーナツやら、バラエティ豊かなラインナップだ。……と言うかこれっていつも小毬が持ってるようなお菓子だよな? 量は多いがあまりいつもとの違いは感じないのだが……。

「な、なあ……いいのか? 神北」
「そうだぜ? 今日はバレンタインだぜ? 俺たちに……本当にいいのかよ?」
「おまえらにやるとは言ってない」
「「えーっ」」
「もう、りんちゃんもいじわる言わないでー。もちろん、謙吾くんや真人くんにあげるために用意したんだよー」
「すまない……ありがとう!」
「へへっ。くそっ、涙が出てきたじゃねえか」
「良かったな、お前ら」
「おうよっ」
「おうともっ!」

 二人の大男がバレンタインに義理チョコ?で涙している……。二人からすれば感動的な出来事なんだろうが、どう見ても滑稽にしか映らない。何だろうか? この、本人たちが発している空気感と、周囲の空気感の違いは……。
 
「全く、今日はこまりちゃんに免じて許してやる。ほれ、食え」
「ありがたやありがたやー」
「ありがとうっ! 鈴さまぁっ」
「きしょっ、こっちくんな!」

 上から目線で言われ、無茶苦茶言われてるけども、それでも救世主のような目でわが妹を見上げる大男二人。割とよく見る光景のような気がするが、ここまでの大きさと立場の逆転現象は珍しい。
 相変わらずクラスの中では浮いているのだが……。

「ただいまー。いやー、たくさん貰いすぎて持ち切れないよー」
「あ、理樹くんおかえりー」
「理樹か。どこ行ってたんだ、探してたんだぞ」

 たくさんのチョコレートを抱えた、主人公である理樹が戻ってきた。
 ちなみに、今出てきていない他のメンバーはクラスにはいないようだ。もしかしたら理樹はそれぞれに呼ばれて出かけていたのかもしれない。全く罪な男だぜ。って、最初はこんなキャラではなかった気がするが。

「何、どうしたの? みんなでバレンタインパーティー?」
「そうなんですよー。恵まれないふたりに幸せをおすそ分けーですよ」
「ほどこしだな、ほどこし」

 二人とも、凄く良いことをしてるように言ってるが、言ってる内容を少し考えると酷過ぎる。こんなに黒かったかと思ってふと感じるのだが……我が妹は酷い事を言っても違和感は無いが、小毬はこんなキャラだっただろうか……? と、そこでふと俺は気づいた。

 あれ? 俺……もらってない……よな?

「じゃあこれ、僕も食べていいの?」
「ノーノー、ノーですよ。理樹君にはちゃんと別に用意してあるのですよー」

 そういうと小毬はセーターの中から小さな包みを取り出した。
 
 ちなみに大男二人は、小毬たちが持ってきたお菓子を一心不乱に食べていた。いくら「スイーツ(笑)男子」が一般的になったとは言え、どう見ても不釣合いな光景だが……。

「はいっ。理樹くんには手作りチョコレートをプレゼント〜。はっぴーばれんたいん、理樹君」
「あ、ありがとう! 小毬さん」

 そう言って、難なくチョコレートをゲットする主人公。
 さすがだぜ……。もう貫禄すらついてやがる。
 以前は俺の後ろをついてくるだけだったこいつが、今はもう遥か高みにいる気がする……。そりゃあそうだよな。だってあいつは、どんな困難も乗り越えて成長しやがったんだ。凄いよな……ギャルゲーって。
 って何で俺は主人公とかギャルゲーとか心でつぶやいてるんだ?!

「小毬さんは呼び出してくれなかったからくれないのかと思ってたよ。ありがとーっ」
「理樹君にあげないなんて考えられませんっ」

 色気の無い展開だが、明らかに理樹は小毬にとって特別なのだと言うことは理解出来た。
 幸せ者め……。

「おい理樹っ」
「あ……鈴、どうしたの?」

 ぽつん、と取り残された鈴がふと二人に割って入った。
 そして差し出される包み。
 小毬が持ってたものに比べると見た目が綺麗ではなかったが、手作り感が凄く出ているものだった。

「これ……バレンタインのチョコだ。やる」
「えっ、鈴が……まさか」
「まさかもくそもあるかっ。こまりちゃんに教えてもらいながら作ったんだっ」
「「えーっ」」

 俺も思わず声が出てしまった。
 まさか、あの妹が手作りチョコだなんて……。そこに信じられない、付き合いの長い俺たちは同時に驚いてしまったのだ。
 理樹が鈴から貰えたこと自体には驚きは無い。けれど、確か一度も渡してるところは見たことが無いのだが。

「いや、嬉しいよ。ありがとね、鈴」
「あたしのはじめてなんだ。大事にしてくれ」
「うん、大事にするよ」

 そこだけ聞くと、あらぬ想像をしてしまって頭がおかしくなる……。しかし記念のチョコだ。理樹には大切にして欲しいと思う。
 しかしそこまで見ていて俺は思った。そして言ってみた。

「り、鈴っ。俺には、お兄ちゃんには渡すものは無いのか?」

 そうだ。
 ついででもいい。俺には無いのか、と。
 俺は必死だった。妹チョコを手にいれるために、それはもう……。

「理樹にあげた余りでもいいんだ! 何なら型どった残りのかすでもいいんだ! 無いのか? 妹チョコ。俺には何も……無いのか?」

 懇願だった。藁にもすがる思いだった。妹のはじめてを俺にも味わせてほしい、それだけだった。

「きしょいわっ、ぼけー!」

 罵倒はいつものことだ。
 だが次の瞬間、俺の心がバラバラに砕け散った。

「お前にやるチョコなんてあるかぼけーっ」

 え……?
 言ってる意味がわからなかった。
 いや、わからないわけが無い。理解している。だが、頭がそれを拒否してるだけだ。
 まさか、妹のはじめてが食べられない……だと? チョコだが。

「う……嘘だろ……」
「うそでもくそでもないわ。お前にやるなんてもったいない」

 ぐさぐさぐさ。
 愛する妹の言葉が俺のハートを切り裂いていく。
 普段から罵倒や突然のハイキックには耐えてるつもりだが、マゾヒスティックなド変態じゃない俺にはもはや限界だった。

「何て、何て現実は過酷なんだ……っ」
「何言ってんだ、こいつ。バカか?」

 やめろ……やめてくれ……。もう兄貴のライフは0なんだ……。

「りんちゃんひどいよー。恭介さんすごく落ち込んでるよー……」
「だってきしょくないか? 残りカスでもいいからとか頭おかしいんじゃないか?」
「それだけりんちゃんのチョコが欲しかったんだよ〜。だからついででも作れって言ったのに〜」

 そうか……小毬は言ってくれたんだな……。
 この傷が回復するわけでも無かったが、少しだけ救われた気がした。

「恭介さん」
「……どうした、小毬」

 俺を呼ぶ声がした。俺はその声のほうに顔を上げた。
 そこには……。

「はい、恭介さん。バレンタインのチョコレートです」
「え……?」

 目の前には……可愛らしい包みが。
 理樹のとは違って更に小さいが、それでも丁寧な彼女の性格がよく顕れているものだった。

「これ……俺に、なのか?」
「はいー。正直言うと、理樹君に作ったチョコの余りで作ったんですけど……。それに妹チョコでもないですけど……それでもよろしければっ」

 夢では無いだろうか? 小毬が俺にチョコなど。
 余りかもしれないし義理かもしれないが、紛れも無く手作りのバレンタインチョコなのだ。

「すまん。ありがとう、小毬」
「いえいえ、どういたしましてー」

 俺はチョコを受け取った。
 それはチロルチョコくらいの大きさだったが、むしろこの大きさの手作りチョコなんて貴重なんじゃないか?

「ヒィヤッホーーーーゥッ」
「そこまでっ?! 恭介さん。でもよかったあ」
「良かったね、恭介!」
「そこまで喜ぶなっ。こまりちゃんもこいつにそんなことしなくてもいいじゃないかっ」
「えー、でも恭介さんにはお世話になってるし……ね?」
「う……こまりちゃんがそういうなら許してやろう。ありがたく食え」

 ……妹チョコは得られなかったが、それには代え難い何かを手に入れた気がした。
 何て、何て良いバレンタインデーもなったんだ……。
 
 俺は貰ったチョコを口に入れた。口の中全体にチョコの甘さが広がった。これが本当のバレンタインなんだ、と俺は泣きそうになった。




 ふと横を見ると、大男二人が相変わらず目の前の大量のお菓子を食べていたが、目から大量の汗を流していたのだった。



<終わるよ>

-----------------------------

 りきおです。
 バレンタインデーの当日、17時半くらいから書き始めて、23時過ぎに書き終えたという即興作なんですが、何となく恭介メインになってました。粗いところもあるしオチも弱いですが、祭りに参加したい一心で書きました。宜しければ何か感想をください、お願いします。
 しかし恭介視点も結構書きやすいものですね! これからは喫茶店でバリバリ書きたいと思います。























お囃子・感想などいただけましたら。

おなまえ(省略可)



お囃子!(→盛大)

ぱち ぱちぱち ぱちぱちぱち

よろしければ何か一言!(省略可)





Back