学校を卒業してから、初めてのクリスマス。
 それは同時に、二人暮しを始めて最初のクリスマスでもあるわけで。
「ねぇ、ほんとにデートとか無しでいいの?」
 キッチンで生クリームを泡立てながら、理樹は隣で果物をスライスしている小毬に声をかけた。
「うん。あ、ひょっとして、理樹君が行きたかった?」
「あー、えーっと・・・」
 答え難い。
 行きたかったと言えば申し訳ない顔をさせるだろうし、そういう訳じゃないと言えば何だかデートが嫌だったみたいに思われそうだ。
 渋面になってしまった理樹を見て、小毬は笑って、
「あのね、二人だけで過ごすクリスマス、今年が最初だから。だから・・・、二人っきりでいられる場所に居たかったんだ」
 その言葉に、理樹も微笑む。
 思い返せば、付き合い始めた最初のクリスマスは、仲間たちからの交際祝いパーティに飲み込まれてしまった。
 三年の時は、仲間全員が揃って過ごせる最後の機会になるかもしれない、という事もあって、ひたすらに全員で大騒ぎした。
 二人っきりで過ごせるのは、考えるまでもなく今年が最初なのだ。
 その最初をどう過ごすか、という点。
「・・・そうだね」
 仲間たちが邪魔だったなんて欠片も思わないが。
「本音を言うと、初めて二人だけで過ごすんなら、もっと特別なことしたかった気もしたんだ」
 小毬が本音を言ってくれたから、理樹も本音を返す。
「あぅ、ごめんね、我侭言っちゃって・・・」
「そんなことないよ。小毬の言ったこと、そっちのほうがいいなって思ったから」
 ちなみに、理樹は卒業後にしてようやく「さん」付けを卒業した。
 そんな理樹の答えに、小毬も微笑して、首をかしげる。
「そっかな?」
「うん。まぁ、せっかくアルバイトお休み取ったのに、ケーキ作りに借り出されたのは予想外だったけどー」
「ふぇぇ・・・。でも、理樹君とケーキ作りしたかったんだもん・・・」
 ちょっと拗ねてみせる小毬に苦笑して、泡立て器をちょっと持ち上げてみる。
 いい感じに角が立った。小毬に見せてみる。
「どうかな?」
「うん、いい感じですよ〜。あ、理樹君」
「ん?」
 小毬がボウルから顔を上げて、理樹を見上げる。
「何?」
「えへへ・・・、んっ」
「わっ」
 いきなり頬にキスされた。というより、舐められた。
「な、何?」
「生クリームついてたよ?」
「え、ええ?」
 ほんのり赤くなりながらも、幸せそうに笑って、
「えへへ、理樹君の味〜」
 そんなことをのたまう小毬である。
「・・・・・・な、何言ってるんだか」
 赤くなりながら、無駄に生クリームを掻き混ぜてしまう理樹。
「あはは、理樹君照れてる」
「・・・小毬こそ恥ずかしくないの?」
「ふぇ? ・・・ちょ、ちょっとだけ〜」
 こちらは少し赤い顔をしながらも、まだ余裕ありげだ。
 何となく悔しい。
 理樹は人差し指で生クリームを掬い取り、
「ふぇ?」
 小毬の鼻の頭にのせてみる。
 何事か理解できてない小毬が我に返る前に、理樹は素早く顔を寄せて、
「ん」
「ふぇ!?」
 先ほどの小毬のように、ついっと舐め取ってみる。
「りりりりり理樹君!?」
「・・・うあ、駄目だ、味わかんない」
 小毬から顔が見えないようにそっぽを向きながら、そんなことを言う。
 耳まで赤くなっている理樹を、同じく真っ赤な顔で見つめて、
「り、理樹君」
「な、何?」
「えーっと・・・、こっち向いてほしいな
「・・・」
 消え入りそうな声でそう言われると、抵抗できるわけもなく。
 小毬の方を振り返って。
 小毬が両手を理樹の首に回してくる。
 無言のまま、理樹も小毬をそっと抱きしめて。
 どちらからともなく目を閉じて。
「んっ」
「ちゅっ・・・」
 触れるだけのキス。
「「・・・・・・・・・・」」
 離れて、見詰め合って。
「・・・何か変な気がする」
「ふぇ?」
「何で普通にキスしたほうが落ち着くんだろ」
「えへへ、何でだろうね〜」
 別にそれが嫌なわけではないが。
「それじゃ、ケーキ作り再開ですっ」
「はいはい」
「もう理樹君、はい、は一回だよー?」
「はーい」



 無事にケーキも出来上がり、その他のパーティメニューも完成して。
「「・・・・・・」」
 テーブル一杯に広げられたそれに、理樹と小毬は揃って絶句してしまった。
「何か・・・調子に乗りすぎたね」
「・・・うん」
 二人で並んで料理が楽しくて、ついあれもこれも、と作りすぎた結果。
 気づいたら五人分以上の料理が並んでしまった。
「・・・とりあえず、さ」
「ど、どうするの?」
「今日は二人で無理のない範囲で食べて、後は明日、近場にいる皆にお裾分けで持っていこう・・・」
「そ、そうだねー・・・」
 二人してこめかみから汗一筋垂らしながら、頷きあう。
「よぅしっ、それじゃー」
 前向きマジックで気分を変えつつ、小毬は冷蔵庫から何か取り出した。
「じゃーん、シャンメリーですよー」
「あ、アルコール入ってないほうか・・・」
「うん。お酒は二十歳になってから、なのです」
「・・・そんな硬いこと言わなくても・・・」
 既に時々恭介やバイト仲間と飲みに行っている理樹だったりする。
「だめだよ〜? お酒は来年から、ね?」
「はいはいー」
「はい、は一回です」
 既に定番になっているこのやり取りを交わして、理樹はグラスを取り出す。
「ワイングラスっぽいのでも買ってこればよかったね」
「そうだねー。でも、これはこれでいいよー」
「そう? ならいっか」
 小毬がシャンメリーの封を切り、理樹の手の中のグラスの注ぐ。
「はい、どうぞー」
「ありがと。じゃ、小毬も」
「うん」
 小毬からボトルを受け取り、今度は理樹から小毬の手の中のグラスに。
「わっわっ」
「大丈夫だって」
 妙に慌てている小毬に苦笑して、きっちり注ぎ終える。
「ほわ、いっぱい・・・。理樹君注ぐの上手いよねぇ」
「えーっと・・・」
 飲みに行ったときにビール注いで上げたりしているせいだろう。
 とてもじゃないが今は言えない。二十歳になるまでは秘密。
「さ、乾杯しよー」
「むぅ、誤魔化したよ・・・」
 ちょっとむくれた顔になって、それから小毬は仕方ないなぁ、と笑う。
「うん、まぁ、誤魔化されてあげますっ」
「あー・・・、ひょっとしてバレてる?」
「何のことかな〜?」
 バレている気がする。仕方ないので今度共犯者に仕立て上げることを決意。
「・・・何か悪いこと考えてる?」
「いえいえ、滅相もない」
 笑って誤魔化しつつ、グラスを手にとって、
「ほら、乾杯」
「もう」
 小毬も笑いながら、同じくグラスを手にとって、
「「メリークリスマース!」」
 揃ってグラスを打ち合わせる。
「ふぁ、美味しいよ〜」
「へぇ、シャンメリーも中々・・・」
 それぞれ感想を交わして、
「うん、いい出来だ」
「うん! あ、こっちも美味しくできてるよ〜」
「ほんと? どれどれ」
 二人で作った料理に舌鼓を打って。
「そういえば、小毬。年末はいつから返る?」
「ふぇ? あ、そうだねー。大掃除のお手伝いもしなきゃだから、29日くらいからかな?」
「そっかー」
「アルバイト大丈夫?」
「休み30日からだから・・・、29の夜帰るんなら何とか」
「それでだいじょーぶだよー」
 年末の予定の話し合い。
「お父さんもお母さんもお祖父ちゃんも楽しみに待ってるってー」
「でもきっと、孫の顔が、とか言うんだよ、絶対」
「あう、それは言いそうだね・・・」
 娘婿を受け入れてくれるのは有難いが、それは辟易するわけで。
 幸せな悩みという奴だ。
「でも帰ったらお祖父ちゃんが理樹君捕まえちゃうからなぁ・・・」
「あはは・・・」
 苦笑して、空になったグラスに注ぎなおそうとして、
「あ、私いれてあげるー」
「ん、ありがと」
 小毬に注ぎなおしてもらう。
「小毬も将棋覚える? そしたら一緒に小次郎さんと勝負できるし」
「うーん、それもいいなぁ」
 話題を右往左往させながらも、二人だけのパーティは過ぎていって。



「あー・・・お腹いっぱいー・・・」
「無理しない範囲でって理樹君が言ったのに・・・」
 テーブルに突っ伏してしまっている理樹に苦笑いしながら、小毬は余った料理を整理する。
「これは明日の朝にして・・・、こっちはお裾分けに持っていこう」
「うー・・・」
「理樹君、お薬いる?」
「いやー、そこまではー・・・」
 どうせすぐ収まる。というか、食べすぎで薬飲むとか情けなさ過ぎる。
 そんな妙なところで意地っ張りな理樹である。
「あー、片付けしないと・・・」
「いいよ、理樹君はもう少し休んでて〜」
「でも」
「だいじょーぶっ」
 笑顔で押し留められてしまい、理樹はあきらめて腰を下ろす。
「ありがとね」
「ううん〜、どういたしましてー」
 パタパタと行ったり来たりしている小毬を目を細めて眺めて。
 この部屋で二人暮しを始めて9ヶ月。
 時折はこんな風に頑張る小毬を見つめたり、逆に自分がやっているのを小毬が嬉しそうに見つめていたり。
「二人三脚、ってこういうのなのかな」
「ふぇ?」
「ううん、何でもない」
 頭を振って、綺麗になったテーブルにあごを載せる。
「小毬は僕にとって最高のパートナーだなー、って思っただけ」
「ほわっ、り、理樹君いきなり何てこと言うの〜!?」
 爆発するように真っ赤になった小毬に、理樹は思わず声に出して笑う。
 そんな理樹を「う〜」と恥ずかしそうに睨みながら、小毬はそれでも片付け続行。
 笑いを落ち着けて、そっと立ち上がると。
 壁にかけてある上着のポケットから、小箱を取り出して。
 流し台で鼻歌を歌いながら食器洗いを始めた小毬の背中に、そっと近づく。
「メリークリスマス、小毬」
「ふぇ?」
 いきなり背後から聞こえた声に振り返った小毬の目の前に、先ほどの小箱。
「・・・ふわ」
「あんまりたいした物じゃないけど・・・」
「・・・ひょっとして、指輪?」
「そ、それはもうちょっと先でお願いします・・・」
 さっきまで格好よかったのに、急に情けない顔になった理樹。
 そんな彼に逆に安心して、小毬は手を綺麗に拭いてから、小箱を受け取る。
 丁寧にラッピングを解いて、眼を輝かせる。
「ほわ・・・、ネックレス・・・」
 シンプルながらも綺麗なデザイン。
「どう、かな。似合いそうだなって思ったんだけど」
「うんっ、すっごい嬉しいっ」
 小毬は微笑んで、小箱を理樹に差し出して。
「理樹君、つけて?」
「え、僕が?」
「うんっ」
 嬉しそうに理樹を見つめて、小毬はにっこりと。
 理樹はネックレスを手にとって。
「・・・あの、小毬?」
「なぁに?」
「こっち向いてると、つけられないよーな・・・」
「そんなことないよー?」
「そのまま付けろと仰いますか」
 微苦笑を交えて、小毬の首の後ろに手を回して、手探りで止め具をあわせる。
 自然顔が近くなって。
「うん、できた」
「えへへっ」
 理樹がそう言うのと同時に、小毬は理樹に抱きつく。
「小毬?」
「ありがと〜、理樹君」
 嬉しそうに頬擦りまでされてしまう。
 理樹も軽く小毬を抱きしめて。
「・・・あのね、理樹君。お願いがあるんだけど・・・」
「何?」
「私からのプレゼントは、その・・・、明日まで待ってて貰っていいかな?」
 意外な申し出に、理樹は目を丸くする。
「何かあったの?」
「ふぇ? ううん、何にも無いよ! ただちょっと、そのー・・・えへへ・・・」
 誤魔化し笑いまでされてしまい、理樹は苦笑する。
「わかったよ。明日になれば判るんだよね」
「うん。だから、今日は早く寝よー」
「・・・え、夜は?」
「・・・・・・・・・・・・り、りきくんのえっちっ!」
 ぱこん、と叩かれた。



 深夜、理樹はふっと眼が覚めた。
 抱きしめて寝た温もりが抜け出たせいだと気づく。
「えへへっ」
 声が聞こえた。どうやら何かしているらしい。
 とりあえず寝たふりをしながら、薄目で様子を伺う。
 夜光灯のオレンジの灯りの中で、小毬が何かを抱いているのが見えた。
 あいにく表情までは見えないけど、先ほどの声からして、満面の笑顔だろう。
 何を企んでいるんだか、と微笑んで。
 小毬が戻ってくる。慌てて目を瞑りなおす。
 枕元で何かごそごそしてから、また、理樹の腕を枕代わりに、ベッドに潜り込んで。
「明日の朝、どんな顔してくれるかな・・・。喜んでくれたらいいな〜」
 そんな楽しそうな声。
 しばらくして、安らかな寝息が聞こえてくると、理樹は目を開けた。
 枕元を見て。
「・・・あ」
 丁寧に包装された包みが、そこにあって。
 カードらしきものがついている。
 何とか手を伸ばして、それを取って。
 夜の闇の中、何とか目を凝らして字を確認。
《大好きな理樹君へ》
「・・・」
 黙ってカードを元に戻し、眠っている小毬をそっと抱きしめる。
「ほんとにもう・・・、敵わないよ」
 カードの文字もそうだが。
 枕元にプレゼントを置かれる、何ていうのは一体いつ以来だったか。
 両親を亡くして以来、きっと初めてだということに思い至って。
 多分、小毬はそんな自分に、どうしてもこれを演出してあげたかったんだろうと思う。
「嬉しすぎて、眠れなくなりそうじゃないか・・・」
 ただ、それもいいか、と思う。
 腕の中の愛しい彼女の温もりを感じて、幸せそうな寝顔を見つめて、思いの込められたメッセージに思いを馳せて、それが添えられたプレゼントに胸を躍らせて。
 そんな眠れない夜を過ごすのも、幸せのひとつかもしれない。
 小毬の額に唇をひとつ落として、
「僕も大好き。愛してる、小毬・・・」



「わわっ、ごめんね理樹君、寝坊しちゃったー!」
 翌朝、ぱたぱたと起き出してきた小毬をキッチンから振り返って。
「ん、おはよー、小毬」
「あ、それ・・・」
 理樹は手編みのセーターをちょっと摘んで、
「これ、ありがとね、小毬」
「あ、うん・・・。うあーん、見たときどんな顔するのかなーって思ってたのにー」
 落ち込んでいる小毬に微笑む。
「見せられないくらい溶けた顔してたと思うからダメ」
「それが見たかったよ・・・」
「あははっ、ほら、ご飯もうすぐできるから、テーブル拭いて」
「あ、うんー」
 テーブルを拭き始める小毬を見て、理樹はフライパンを返す。
 生きているということは失くす事。
 でも、その失くす瞬間を幸せな形で迎えることはできる。
 失くすことは変化することと同じなんだから。
 そんなことを、ふっと思った。
 この幸せをもっともっと、素晴らしいものに変え続けよう。
 小毬となら、きっとできる。改めて、そう思った。
「ふぁ、甘いにおい・・・」
「今朝は僕特製フレンチトーストー」
「わぁ〜、ほんとに!?」
「うん。ほら、できたよー」
「やった♪ 理樹君のこれ大好きだよ〜」
 昨日の残り物も一緒に添えて。
「「いただきまーすっ」」
 二人で声を揃えてそんな風に。

 そうして今日も、二人の朝が始まる。















お囃子・感想などいただけましたら。

おなまえ(省略可)



お囃子!(→盛大)

ぱち ぱちぱち ぱちぱちぱち

よろしければ何か一言!(省略可)





Back